Luna*

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の参観日

<<   作成日時 : 2009/02/14 07:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日は、小学校最後の参観日でした。

最後であり、卒業も近いとあって

授業は国語でしたが、一人ずつ1分間スピーチで

一年間を振り返って、今の思いを語ってくれました。


 5年生の途中で転校してきた息子のクラス、

私は今まで(勉強で忙しく家にお友達を連れてくることもなかったので)

クラスの数人(息子の友人たち)しかわからなかったのですが

最初から一人ずつの思いを聞いていたら

知り合いが増えたような気がしました。

ちょうど千葉受験の頃、球技大会があって

それに向けて3ヶ月頑張ったお友達が多かったようで

大半は球技大会に向けて努力する素晴らしさを主題に話していましたが

息子は、応援専門で球技大会の練習も昨年内しか参加していませんでしたから

何を話すのか、ワクワクして観ていました。

で、息子の番。

前の学校の先生にいただいた(前の)クラス写真をみんなに見せながら言いました。

「これは、前の学校のクラス写真で僕にとってはとても大事なものです。

 この学校に転校してきたとき

 友達と別れる悲しみやつらさと、新しい学校に不安で一杯でした。

 でも、このクラスのみんなはすごく優しく僕に接してくれました。

 みんなが僕に優しくしてくれたので、不安や悲しみもすぐに吹っ飛んでしまいました。

 こんなクラスの仲間はかけがいのない友達です。」


 セリフの細かいところは覚えていないんですが、大体の内容はこんなものでした。

 
 思い出に残った行事のことではなく、

もうすぐ別れてしまう友達に感謝の気持ちを述べたことに感心しました。

密かに、誰も知り合いのいない中学での再出発に

また不安と期待と、様々な思いを抱いているのでしょうか。

何でも顔に出てしまうし、何でも話してしまうので、

わかりやすい子なのですが

秘めたる思いも もしかしたらあるのかもしれませんね。



 
 最後の参観という事もあって

授業参観の後は、親子でお楽しみタイムでした。

体育館で、グループごとに簡単なゲームをしました。

グループで協力し合ったり、親子で手をつないだり・・・

先生が提案してくださったゲームで盛り上がって終わりになりました。

中学ではこんな楽しい参観はありませんよね。

本当に小学校とさよならなんだ・・・と実感したのは私の方でした。



 受験後の初めての顔合わせの場だったので

数少ない知り合いから、どこへ進学するのか聞かれました。

そして、他の塾ですが、3年間勉強して受験はしたけれど

どこも合格をもらえず、公立中学へ進学する子が何人かいることも聞きました。

中高一貫の公立中学も近いので

千葉中や稲毛中を受けて、だめだったら地元の中学に行くのよ、なんて

話してくれた方々も皆さん地元の中学に進学されるようでした。

やはり、想像以上に受験は難しい。



 地元の中学での役員決めもして

懇談会も終了しましたが

帰る頃には、すっかり暗くなっていて

強い風がビュービュー吹いていました。

春一番ですね。

少しずつ春が近づいています。

でも、なんだか複雑な気持ちになった参観日でした。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の参観日 Luna*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる